時間がかかるスキンケアの手間を簡略化して健康的に美容を楽しもう

スキンケアのイメージ

日夜、美容の為に多くの女性はスキンケアを続けています。
もちろん男性でも一部の方は女性に負けじと、美肌を維持するためにスキンケアを行っているでしょう。

ですが、限りなく美容を追求した場合、それにかかる費用や時間は際限なく膨れ上がっていくものです。

ですので、美容にのめり込むあまり、1日を潰して、お金を際限なくかけて、などという事にならないように、極力普段のケアは最低限かつ簡略化して、さっと終わらせてしまいましょう。

今回はスキンケアにおける必要なものと不要なものを解説します。

スキンケアにおいて必要なもの

さて、それではスキンケアに必要なものについてですが、端的に言ってしまえば水分と栄養と肉体精神両面の健康です。
ケアをするものは無機物ではなく、有機物であり生物である自分の肌です。

なので実際の所、高級なツールなんかは必要ありません。
自身の肌に足りない栄養素を調べ、それを元に健康的な食事やサプリメントで整え、かつ健康的な精神を維持するために特定の趣味や他人との交流を深めるなどしていれば、自ずと若々しく美しい人間になります。

ですが、最初から美容品を使うのでは無く、まずは生活環境を改善し、食生活や精神衛生を整えた上で、そこから自分に足りない部分を美容品や食事、サプリメントで補っていくという形が1番効率的かつ確実でしょう。

そういった意味でまとめると、まず必要なのは最低限健康的な生活環境です。

生活環境がボロボロの状態で美容に気を使っても、栄養が偏り結果として肌が荒れ、ストレスが溜まり、病気に繋がるという事が往々にしてあります。

まずは生活環境から見直しましょう、それがスタートラインです。

ではまずは食生活から、おおよそ肌に必要なものはタンパク質とビタミン類、そして発酵食品に含まれる多数の成分を摂るようにしましょう。

タンパク質は勿論必須なのはわかりますね。肌そのものを構成しているのは多数のタンパク質です。
肌の弾力などに重用なコラーゲンもタンパク質からできています。

お次にビタミン、これも生命が健康を維持するためには必要不可欠です。
過剰すぎてもだめですし、欠乏してもだめ、ですので必要量をしっかり確認して摂取しましょう。
ビタミンのうちビタミンB群は肌を作り変える役目がありますので、これらが欠乏しているといつまでたっても古い皮膚から変わりません。

そして発酵食品、納豆やチーズ、ヨーグルトなどなど、発行、悪く言えば腐らせる事で作られる独特の風味を持つ食品です。
もちろんこういった食品は苦手な方も居るでしょう。
ですが発酵食品は健康食品としては通常の食品とは比べ物にならないものなのです。

例えば、食物の消化を助けたり、腸内環境を整えたりする酵素なんかは通常、火に通した食事では殆ど摂取できません。
酵素は高温で死滅してしまうためです。

そこで野生動物たちは生の餌から酵素を摂取することで体内に取り込んでいます。
人間に生活習慣病が多く見られるのも、この酵素不足が原因の1つだと言われる事もあります。

そして、この発酵食品には多数の酵素が含まれています。

一部は加熱して食することもありますが、勿論そのまま熱を通さずに食べられるモノも多く、更に、発酵食品を作るためには発酵という過程が当然あります。
そこでは人体に有害ではありません。
むしろ有益である微生物を用いており、それはカビ類や納豆菌など、栄養となる成分を作り出してくれる存在です。

そして発酵食品を摂取する事で得られる効果は腸内環境の改善、特にこれは美容にも強く効果が出て来るもので、お腹の状態が肌に出てくるのか、と言われると大きく頷くほどです。

単純にストレスによって肌が荒れますし、便秘といったものでも肌荒れに繋がります。
腸内環境が荒れることで何らかの体調不良を発症すれば、しっかり消化されないことで栄養が摂取できないという問題も生まれます。
多少苦手でも発酵食品は積極的にとるのが望ましいです。
どうしても無理、というのであればサプリメントで代用しましょう。

そして食事を整え、肌にも影響が出始めてから美容品の出番です。

保湿を極めもちもちぷるぷるの肌を目指したり、美白を極めたり、小顔を目指したり、シミやシワを取り除いたりと、つまり美容品はあくまで最終調整用、なのです。

スキンケアに不要なもの

美容品は、適切な分量でなければなりません。
前述の通り、食事で基礎を作り上げるだけで最低限健康的かつ若々しい肌を作り上げることが可能です。
美容品はあくまでその上を目指すためのもの、1から100を目指すためのものではないのです。

そこで、求められるのはコストパフォーマンスです。
基本は出来上がっている以上、後は此処の不満点を改善する美容品を買い足すか、逆に1つの製品で複数の効果が得られるものを少し用意するだけで問題ありません。

それこそ大量に買った美容品で数時間かけてスキンケア、なんていうのは効率が悪い上にとても勿体無いのです。

まとめ

以上、スキンケアを簡略化するための解説でした。
美容に夢中になる方を否定はしませんが、果たしてそれが最も近道かつ、効率の良いものなのか?
改めてそれを考えてみてください。

あくまで人間という生身の生物の身体に関係する事なのです、いくら外から手を加えた所で中から改善しなければ朽ちていくだけ、逆に言ってしまえば中から改善するだけで外も改善されていくものなのです。

関連記事

敏感肌のイメージ画像

敏感肌の人が美しい肌を手に入れるために気を付けたい事

化粧品のイメージ

手間と時間をかけるスキンケアについて

薬局・ドラッグストアのイメージ画像

化粧品と医薬部外品・薬局などの店頭で販売されている商品と販売されていない商品につ...

スキンケアのイメージ

毎日のケアの手間をお手軽に!ソフトケアの秘密とは?

美容マッサージ

美白にはお肌のマッサージも欠かせない?美容マッサージについて