一般的なシミ対策はどのような効果がある?正しいシミ対策は?

シミのイメージ画像

紫外線が強くなるごとに悩みのタネとなる肌のシミ。

美容に気を使う方はもちろん、お肌が気になる年頃の女性や歳をとって肌の衰えと共に、肌のくすみやシミが目立つようになってきた方などにも幅広く共通する肌のお悩みです。

単純なシミ対策だけでも様々な方法があり、効果のあるものから怪しいもの、逆に肌荒れや湿疹といった別の問題が発生するものなど怖くて手が出せない、そんな方も居ることでしょう。

今回はそういった
「シミ対策が多すぎてどれをしたらいいのかわからない」
「シミ対策だけじゃなく、シミ対策を含めたお肌の手入れ方法を知りたい」
という方に向けてこれからの紫外線の多い季節を乗り越えるためのお手入れ方法を解説していきます。

そもそもシミとは?

皆さんはシミができる原因をご存知でしょうか?
シミに限らず、なんであれ有名なものは、それが良し悪しどちらであったとしても、膨大な情報から偏った表面上の情報しか伝わらなくなることも多いので、まずはしっかり原因を知ることが大事です。

まずはシミとその原因について解説します。

シミとは肌や髪の「色」であるメラニン色素を生み出すメラノサイトが紫外線を受けて刺激され、シミの元である黒色メラニンを作り出しそれが肌の古い角質に付着し、排出されずに残ってしまう現象の事をさします。
そばかすもシミの一種です。

そして黒色メラニンによる体表の変化、つまり日焼けとは原理上同じものですが、日焼けは一定期間を経過すると、自然と日焼け部分の皮が古くなって剥がれ、人によっては剥きたての卵のような肌にもなったりしますが、それに対しシミはいつまで経っても残り続けます。

それこそが日焼けとシミの違いであり、両者共紫外線から肌を守るために黒色メラニンを生み出した結果で起こる現象ですが、日焼けはあくまで少量のみであり、日数が経過し皮膚の新陳代謝が正常に行われれば自然と剥がれ落ちて行きますが、シミの場合は表面が剥がれ落ちても、なお残り続けるほどの量の黒色メラニンが生成されている状況にあります。

そのため、何よりも紫外線を防ぐ事が大事になってきます。

過度の紫外線対策は毒?紫外線の役割について

シミの原因は紫外線に対する防衛反応です。
そのため、紫外線対策をすれば良いと、考えるのは早計です。

紫外線には血中のビタミンDを合成し、血中濃度を保つ役目があります。
その上血行や新陳代謝にも影響する為、過度の紫外線対策は紫外線から肌を守る代償としてビタミンD不足や血行不良による様々な身体の不調に繋がる可能性があります。

ではどうするかといいますと、シミの元である黒色メラニンが生成されないように抑制すれば良いのです。

現代医療としても紫外線は身体に毒というのが共通の見解のようですが、その一方で古くから言われる「太陽の日を浴びないと不健康になる」といった言い伝えや子供に対する戒めなども、前述の通り完全な印象論や精神論では無いといえます。

ですので、完全に紫外線をカットするわけではなく、紫外線を程々に防御しつつ、黒色メラニンそのものの生成を抑制する、そういった方法で対策すると良いでしょう。

ビタミンCやシステインなどは、メラニンを発生させる物質を妨害してくれる作用があります。

シミ対策だけでなく美白対策も一緒に!

シミの対策方法はわかって、それで実際に対策だけじゃなく他にも美白に気をつけたい!と考えている方も大勢いらっしゃる事でしょうし、今回は一品、シミ対策と美白に使うことのできる商品を紹介したいと思います。

シミウスジェルは、名前の通りシミの元である黒色メラニンの生成を抑制するだけでなく、「パック・クリーム・マッサージ・美容液・保湿・アイクリーム・乳液・化粧水・美白・下地作り」といった10種類の役割をこれ1つで行える、まさにオールインワンジェルといった商品です。

含まれている成分も殆どが天然由来のエキス成分ですので、肌が弱い方でもある程度使えることでしょう。

シミとは限られた範囲で過剰発生したメラニンです。
なので、シミに効く成分は、同時に肌のトーンを明るくしてくれる成分でもあります。

先ほど紹介したシミウスジェルについての詳細は、こちらのページで紹介しています。
口コミで話題!シミウスジェルはシミ対策・予防に効果なし!?

まとめ

以上がシミとシミ対策についてのまとめでした。

人だけでなく生物にとって太陽から降り注ぐ紫外線は有毒なものであり、それでいて必要なものであります。
夏場は日に焼かれるような感覚があるかもしれませんが、それでも人にとって日光とは精神衛生上でも不可欠なものであり、これを欠いた生活を送っていると体の不調だけではなく、精神衛生上にもよろしくない影響が出てしまうでしょう。

なので、日焼け・シミ対策のUCカットはあくまでUVBを完全シャットダウンし、程々にUVAから肌を守るという程度にしておき、あとは直接黒色メラニンが生まれないように抑制するという形であれば、健康と美容を両立することができるでしょう。

みなさんも是非、日の下を肌を晒して歩き回れるような紫外線対策をしっかりと行った上で、外出しましょう。

関連記事

紫外線のイメージ画像

シミの原因はメラノサイトから生み出されるメラニン!シミ対策は紫外線対策よりもメラ...

そばかすのイメージ画像

しみ・そばかす・肝斑などの違いや対策方法について