シミの原因はメラノサイトから生み出されるメラニン!シミ対策は紫外線対策よりもメラニン対策が重要?

紫外線のイメージ画像

暑い夏になると、嫌でも気になる太陽光。
お日様の光をたっぷり浴びた後は、日焼けが気になります。

日焼けができるとシミができやすいという話をどこかで聞いたことはありますか?
実は全くの無関係では無いどころか、日焼けとシミは実質同じものなのです。

そこで、今回はシミ対策と共に、シミと日焼けの原因であるメラニンについて解説をしていきます。

メラニン色素とメラノサイト

さて、まずは原因であるメラニンについて説明していきたいと思います。
ただ、多少専門的な用語を使う可能性がありますので、少々わかりにくい部分があるかもしれません。

メラニン、あるいはメラニン色素と呼ばれるものは、我々人間だけでは無く、ほぼ全ての生物の色を作り出すものであります。

肌の色や体毛、目の色までの殆どがメラニン色素によって色づけられており、白髪などはメラニン色素が定着していない毛髪であり、あまり知られていませんが、生まれたままの姿で生えているだけなのです。

そもそもメラニン色素は絵の具やペンキを塗るかのごとく後付で色をつけます。
そのため、髪の毛というのは生まれたては全部白髪であり、そこに色素幹細胞、メラノサイトと呼ばれる細胞が色素を生み出し着色し、黒や茶、赤毛や金髪といった髪色へと変わるのです。

このメラニン色素を遺伝的に生み出せない個体をアルビノと言います。
色が無い状態であり、例えば日本人の多くが想像する一般的なうさぎのイメージが近いです。

「白い体毛に赤い瞳」というのがそれにあたります。
人間であれば生まれついてから一生、染めなければずっと白髪のままであり、目は色素が無いため血の色である赤色、肌も色素が無い為白くなり、また日焼けの原因である黒色メラニンが生み出せない為日焼けもシミもできませんが、紫外線にとても弱くなり、常人よりも皮膚がんを発症しやすい体質になっています。

このようにメラニンとは色をつけるために必要な、いわば絵の具です。
そして、それを生み出すメラノサイトは人体のほぼ全身に存在しています。

さて、シミはどうやって作られるのか?
それは、このメラノサイトが外部からの紫外線を受けたことで紫外線から肌を守るために黒色メラニンが生成され、それが古い角質へ付着することでシミとなり、その後も紫外線の刺激を受け続けることでどんどん生成された黒色メラニンがシミを増やし、広げ、濃くしていきます。

一般的な日焼けも同じく黒色メラニンが生成される現象ですが、こちらは紫外線の種類によって代わり、一般的なUVAでは広く浅く黒色メラニンが生成される程度で一定期間後には新陳代謝により肌が生まれ変わって剥がれます。

UVBと呼ばれる紫外線は、UVAよりも地表に届きにくいのですが、UVAより危険という紫外線で、こちらがもし皮膚を透過した場合、遺伝子が破壊され、黒色メラニンが大量に発生し、高熱・嘔吐感・日焼け部分に水分が分泌されるといった症状と共に、数日間続く激痛が発症するサンバーンと呼ばれる日焼けも存在しています。

その為、肌が紫外線を透過しないように対策する必要があります。

だけど紫外線対策特化よりメラニン対策特化!

前述のサンバーンで紫外線が恐ろしく感じた方も居るでしょう。
ですが、紫外線というのはAからCまで波長の長さでわけられており、短いほど危険になりますが、短いほど地表に届きにくくなります。

UVCは、それこそオゾン層などで防がれてはいますが、万が一地表に降り注ぐ事になれば、生物全てに影響を及ぼす大惨事となることでしょう。

ですが、紫外線を恐れるあまり紫外線特化の防備は大変まずいです。

紫外線を完全カットしてしまうと、体内でビタミンDが生成されず、日光による血行・新陳代謝の促進がおこなわれなくなるからです。

そこで、今回提案するおすすめのシミ対策は、完全ではないUVカットと、シミの原因となる黒色メラニンが発生しないように抑制する事です。

黒色メラニンの生成を抑制、ないし排出を促進する成分を含んだ美容用品を用いる事で、比較的安全にシミ対策が行うことができるのです。

黒色メラニンを抑制する成分はアミノ酸に含まれている事が多く、代表的なものはL-システインなどやヒアルロン酸といった成分であり、シミ対策の際に美容品の購入を検討している方は是非、これらの成分が含まれた美容品を購入するのが良いでしょう。

まとめ

以上がシミの原因、メラニンとそのメラニンを生み出す紫外線についての解説でした。
メラニン色素は体色の元であるため、完全に生成を阻害してしまうと、それはそれで他の病気の原因になってしまいます。

また、白髪の原因も紫外線である場合もありますが、こちらは遺伝的なものや本人のストレスによるものである可能性もあるため、白髪が目立つからと言って過度の紫外線対策は行わず、まずは遺伝的なものなのかどうかを調べ、そうでなければストレス環境や食生活の改善といった風に段階的に確認・改善していくと良いでしょう。

関連記事

そばかすのイメージ画像

しみ・そばかす・肝斑などの違いや対策方法について

シミのイメージ画像

一般的なシミ対策はどのような効果がある?正しいシミ対策は?