シミウスジェルの開発元の「メビウス製薬」について

イメージ画像

シミウスジェルを販売しているメビウス製薬は、2006年に設立された会社です。

設立からまだ浅く、社員も当初は社長と開発者の2人だけだったのが、順調にその規模を増やしていき現在では数十名にまで拡大しているそうです。

それでは、メビウス製薬がどんな会社なのか、もう少し詳しく見ていきましょう。

メビウス製薬の最初の商品はBBクリーム

メビウス製薬が最初に開発した製品はBBクリームです。

BBクリームとは、Blemish BalmやBlemish Base、またはBeblesh Balmの略称です。
複数名称があり、著作権上の問題もあるので主にBBクリーム(欧米ではBeauty Balmと呼ばれている)と呼称しています。

オール・イン・ワンタイプの化粧品の1つで、BBクリームは基本的に「美容液・保湿クリーム・ファンデーション・ベースメイク・日焼け止めクリーム」などといった複数の化粧品の効果を1つにまとめています。

元々、設立者自身が肌の悩みを抱えており、「こんな思いをする人が1人も居なくなればいいのに」という思いから設立に至ったと、公式ページから閲覧できる動画で確認できます。

そこから利用者からの必死な相談を受けて、メビウス製薬の初プロジェクトとなったのがこのBBクリームなのだそうです。

開発にあたって、あらゆる国の化粧品や文献を集め、調べ尽くしたところ、ドイツで医療用に使われるファンデーションを発見して、市販として販売されているものを探した結果、それは韓国というすぐ隣の国にありました。

ですが、それらを解析した所、日本では禁止されている成分が多く、それでは肌への負担をかけないという、BBクリーム本来の目的から逸脱したものになってしまいます。

これではいけないと、お客様の立場で本当に必要な商品を作り上げる為、韓国の様々な製造会社へ熱意を伝えていましたが、日本でも厳しい要求が他国で通るはずもなく、そのほとんどが面倒な注文だと切り捨てられていました。

ですが、その中で1つの会社と出会い、口うるさい注文だなどと言われながらも、世界に進出するためという理由で、この要求を受け入れる製造会社に出会い、様々な要求を熱意と共に伝え、1つの商品を作り上げていきました。

限界までお客様の要求に答えるような商品を作り上げる、それだけを目指した結果、もはや失敗は許されないほどの経営状態になりながらも初商品、「パーフェクトBBクリーム」を2006年の7月から販売開始しました。

もはや広告費を出す余裕も無い中で、利用者の口コミや宣伝からどんどんと評判と売上が伸びていき、テレビで取りあげられた事で人気が爆発していきました。

後に改良され新発売された商品も110万本以上の発売本数や楽天オリジナルコスメ大賞においても4年連続で大賞を獲得しているなど、メビウス製薬を紹介する上で欠かせない商品となりました。

総数30種以上の商品

初商品であるパーフェクトBBクリームの成功により、その後も様々な苦心・苦難を乗り越え、利用者からもらった「心の美容液」という言葉をモットーに、現在でも開発を続けているそうです。
そしてメビウス製薬は、その商品の総数は30種類以上にもなり、カラーバリエーションを除いても総数24種類の商品を展開しています。

パーフェクトBBクリームを中心に複数の女性向け雑誌において何度も取り上げられており、他の商品を含めメビウス製薬の商品が雑誌で紹介された回数(掲載誌数)は2014年8月までに88冊となっています。

テレビで取り上げられたことも含めて、これだけの紹介がされるということは、それだけ効果と好評を得ているという事になるのではないでしょうか。

メビウス製薬の経営理念

先述の通り、メビウス製薬が商品を開発していく上でのモットーは「心の美容液」だそうです。
お客様にとってそうでありたいという意味で、そして利用者目線から商品を開発するという意気込みでもあるのでしょう。

そして、メビウス製薬の「経営理念」ですが、それは「WAPPY(ワッピー)」だそうです。

これは「Working For Happy Life」の略称かつ造語で、上記の心の美容液が利用者に対してのモットーであるのであれば、経営理念は働くスタッフにも幸福と美を与えてあげたいというスタッフ側に対するモットーと言えるかもしれません。

そして、メビウス製薬のロゴと名称の由来は、メビウスの帯、もしくはメビウスの輪と呼ばれるものです。
これは別名「終わりのない帯」とも言われるもので、転じて文学的には無限を意味するものでもあります。

1つの帯を180°回転させて、反対側とくっつける事で本来表裏となって繋がることのない帯の表と裏が一体となった輪になります。

メビウス製薬のロゴには、このメビウスの帯が用いられており、更に2つの丸が描かれています。
これは親子を表しているとのことで、母子で商品を使ってもらえるような長い関係を続けていきたいという願いがこもっているとの事です。

まとめ

以上、シミウスジェルの開発元であるメビウス製薬について、その歴史や理念などを見ていきました。

利用者の目線で化粧品を開発する、言葉だけであればどこも似たような事を掲げている商品や会社がありますが、その一方で肌への安全性を謳いながらも肌荒れを起こすような成分を含んだ化粧品を販売していたりもします。

その一方でメビウス製薬は「ごまかさない だまさない 正直であり続ける」という決意の元に、本当の意味でお客様の求める商品を開発・販売しているそうです。

現在、メビウス製薬の代表的な商品となっている人気のシミウスジェル(ホワイトニングリフトケアジェル)については、こちらのページで紹介しています。
口コミで話題!シミウスジェルはシミ対策・予防に効果なし!?

関連記事

肌トラブル・ニキビに悩む女性のイメージ

シミウスジェルとニキビについて

スキンケアのイメージ画像

これ1つで10役の効果?オールインワン「シミウスジェル」の使い方

シミウス「ホワイトニングリフトケアジェル」

口コミで話題!シミウスジェルはシミ対策・予防に効果なし!?