化粧品と医薬部外品・薬局などの店頭で販売されている商品と販売されていない商品について

薬局・ドラッグストアのイメージ画像

皆さんは、日々使う美容品や化粧品をどこで購入していますか?
特にこだわりがない、近くて便利、他に必要なものをついでに買うためなど、様々な理由でドラッグストアや薬局で購入する事もあるのではないでしょうか?

それはそうと、薬局やドラッグストアというと、文字通り薬屋なわけですが、化粧品の中には医薬部外品という区分の商品もあります。
この医薬部外品というのは、通常の化粧品とはどのように違うのでしょうか?

それと、薬局やドラッグストアの店頭には扱っていない商品というのもあります。
こういった商品は、どうして店頭では販売されていないのでしょうか?

化粧品と医薬部外品

そもそも、化粧品というものをおしゃれや美容に使うために使うものと考えている方が大半でしょう。

ですが、世に出ている大半の商品は、その効果が保証されているわけではありません。
あくまで化粧品会社が独自に開発し、これこれこういう成分が入っていて、こういう効果があります、と主張しているにすぎないのです。

そこで、まずは化粧品でも一部の商品が該当する「医薬部外品」の話をします。
医薬部外品とは、大まかにいうと、一般的なお薬、医薬品と化粧品の中間に位置するような分類です。
これは、効果は認められているものの、医薬品ほど強くはなく、そして即効性のないものがこれに含まれるといったイメージです。

ちなみにほとんど関係ないどうでもいい話ですが、この医薬部外品は化粧品だけではなく、殺虫剤やホウ酸団子といった害虫や害獣を駆除するものも含まれており、単純に化粧品の上位と考えられるわけでもなく、あくまで効果が認められている化粧品というだけです。

この医薬部外品は、ドラッグストアや薬局でも購入する事ができます。

それでは、日本において化粧品と医薬部外品の違いは結局のところ何なのでしょうか。

それは、医薬部外品としての許可を取得しているか、または効果に予防や治療、人体へ改善の効果があるものが医薬部外品として分類されており、単純に「化粧品製造販売業許可」だけ取得して販売しているのか、「医薬部外品製造販売業許可」も取得して製造・販売しているのかなどといった違いです。
薬用効果によって何らかの症状を予防する、もしくは改善するといった事を宣伝文句にしているのはそういう事です。
人体にとって改善効果があると政府機関から認められているため、それを謳い文句にすることができるという事です。

店頭で販売しているものと店頭で販売していないもの

こういった化粧品や医薬部外品に該当する商品には、薬局やドラッグストアの店頭で売っているものと店頭で売っていないものとがあります。
店頭では購入できない商品はどうしてそうなっているのでしょうか?
まず、ドラッグストアなどで販売する場合、当たり前ですが、製造元と販売元が別になります。
そして製造した商品を届け、店先に並ぶわけですが、製造元は製造数が分かっていても、店頭に残る在庫数を把握することは難しいです。
そして発注されれば在庫から届けなければならないため、多く製造する必要があるのですが、店頭に並ぶたびに完売するような超人気商品でもなければ、当然在庫として残ったまま使用期限切れで処分する必要が出て来る場合もあります。
こうなると、単純に製造元の在庫と販売店での在庫で処分する数が増えてしまいます。
さらに、店頭販売するということは、そこが製造会社の運営する店であるならまだしも、他の企業の店であるならば、当然様々な費用がかかってしまいます。
これらの理由から、コストパフォーマンスを考慮した場合、店頭では扱わない、つまりネットでの専門販売や通販での販売の方が不要な出費やロスを抑えることができる場合もあるのです。
他にも、通販形式であれば店頭で管理する分の在庫というものがなくなり、製造元が在庫管理できるため、無駄なく商品を販売・品質管理が行えるという点もメリットでしょう。
その他、薬局やドラッグストアで販売すると、どうしても販売店同士の価格競争が起こって、店頭での販売価格が下がってしまう傾向があります。
それに対して、ネット専売にすると、そういった競合店との競争によって値段が下がっていく事を避ける事ができるので、製造業者が販売価格を管理する事ができます。
(もちろん、同じ様な商品との価格競争はありますが、製造業者が主体的に販売価格を管理する事が出来る事には変わりありません。)
そして、販売価格というものは、商品のブランドイメージと大きく関係してきます。
そのため、製造業者が販売価格をコントロールできるかどうかは、ブランド戦略と大きく関係してくるのです。
この他にも理由はあるでしょうが、店頭で販売されない商品というのは上記のような理由があるのです。

ネット専門販売のデメリット

もちろんネット専門販売にはデメリットもあります。
お客さんの立場からすると、実物を買うまで目にできないというのはデメリットになります。

店頭販売であれば、知らない商品でも実物として並んでいるため、目に入れば手にとって確認することもできます。
また、店舗によってはテスターが用意されていて、実際にお試しができる商品もあります。

ですが、ネット通販のみの販売の場合には、購入して届けられるまでは使用する事はおろか、実物を目にすることもできません。

まとめ

以上が化粧品と医薬部外品、薬局やドラッグストアで取り扱っている商品と取り扱っていない商品などについてでした。
ネット通販限定などの通信販売限定というのは、その分諸々の費用が浮きますが、逆に販売の機会も減るわけですので、売上も落ちるのでしょう。
ですので、単純に店頭で扱っている商品とネット通販限定の商品とどちらが良いのかという事は分かりません。
ただ、ネット販売限定にするということはそれだけ商品に対する自信があるという事かもしれませんので、気になった方は一度ネット販売限定商品などを試してみても良いのかもしれません。

関連記事

敏感肌のイメージ画像

敏感肌の人が美しい肌を手に入れるために気を付けたい事

美容マッサージ

美白にはお肌のマッサージも欠かせない?美容マッサージについて

スキンケアのイメージ

毎日のケアの手間をお手軽に!ソフトケアの秘密とは?

スキンケアのイメージ

時間がかかるスキンケアの手間を簡略化して健康的に美容を楽しもう

化粧品のイメージ

手間と時間をかけるスキンケアについて