日焼けのためのオイルの効果は?日焼けの仕組みと対策について

日焼けのイメージ画像

夏の風物詩とも言える、こんがり焼けた小麦色の日焼け肌。

現代では人工的に紫外線を照射することで全身を日焼けさせる「日焼けサロン」の存在もあり、夏限定というわけでもありませんが、日焼けとなる仕組みや原因などはご存知でしょうか?

たまに勘違いしている方もいますが、サンオイルなどといった日焼けの為のオイルは、日焼けによる火傷を防ぐものです。
UVBによるサンバーンや焼きすぎなどによる皮膚の深刻なダメージから守るためのものであり、日焼けしやすくなるといった目的ではありません。

そして、仮にサンオイルや日焼け対策グッズを使用せずに日焼けした場合、それは「やけど」となんら変わりないということをご存知でしょうか?

今回は日焼けについての詳しい仕組みや、その対策について解説します。

日焼けの仕組みと種類

日焼けをする際においてサンオイルを塗るのは、UVBによるサンバーンを防ぐためと言いましたが、日焼けには2種類あります。

それはUVAとUVBという、紫外線の種類によって違いが出るものであり、まずは紫外線について簡単に解説します。

紫外線とは太陽から発せられる電磁波であり、人体や生物にとって有用な作用と害悪な作用を及ぼします。
そして、その種類は波長の長さによってわけられており、地球へ届く波長は3種類、最も波長が長く、夜間も地表に届く「UV-A」。

UVAよりも短いが、時折皮膚を透過しては遺伝子を破壊する「UV-B」。

そして、オゾン層に阻まれ、基本的には被爆することはないが、仮にオゾン層がなくなった場合、生態系に大きな影響を与える「UV-C」、この3種類です。

従来の肌がこんがり焼けるだけの日焼けは、UVAによるサンタンと呼ばれるもので、紫外線の刺激で黒色メラニンが生成、それが体表へ付着することで色が濃くなるという現象です。

対してUVBのサンバーンは、皮膚を透過して遺伝子情報や細胞を破壊、黒色メラニンが大量に生成され肌は焼け、日焼け部分体表には汗ではない水滴が分泌され、発熱と激痛を伴い、数日間苦しみ続けるという症状が出る、まさに紫外線によるやけどと言えるでしょう。

その為、日焼けを楽しみたい方はサンオイルで有害な紫外線をガードし、肌にダメージを与えることの内容に注意してください。

また、ガングロな肌などを維持したい方にとっては、生活必需品レベルの日焼けサロンですが、こちらも利用するにあたっての注意があります。

まず、日焼けサロンにおいても紫外線で肌を焼きます。
これは基本的に効果を高めるために何もつけずに使用することを推奨している店舗が多数ですが、前述の通り紫外線は危険かつ有毒なもので、UVAですら皮膚がんや白内障の原因となります。

故に、利用する際は事前にサンオイルの使用を許可してくれる店舗を探しておくなど、きちんと安全確保に努めましょう。

もし日焼けサロン利用において白内障または皮膚がんを発症しても、それは自己責任となりますのでご注意ください。

また、日焼けの際には脳内麻薬であるエンドルフィンが分泌されるため、日焼けによる快感を得るために日焼けサロンへ通う人もいますが、そういった場合でも出来る限りサンオイルのご使用をおすすめします。

日焼け対策

ではお次は日焼けしたくない、美白を保ちたい方に向けた解説です。

紫外線は日焼けだけではなく、同じ原理でシミの原因にもなります。
日焼けが薄く広くであれば、シミは狭く濃くといった感じです。

日焼けが時間が建てば元通りの肌になるのに対し、シミはずっと残り続けるというのも、あくまで日焼けは表面にだけ黒色メラニンが付着しているという状態なのが、シミの場合は表面の皮膚だけでなく、その下の皮膚何層にも付着しているという状態であるため、例え新陳代謝により新しい皮となっても、付着している限り残り続けてしまうためです。

そこで、日焼け対策と同時にシミ対策も行うことができる方法をお教えしましょう。

まず、従来の日焼け対策グッズ、UVカットを謳う製品ですが、あくまでUVカットです。
紫外線から守ってくれるだけであり、すでにあるシミはどうにもなりません。

だからといってシミを消してしまう医療品などを使って、更に日焼け対策用品を用意するのは二度手間になります。
両方の特性を備えたものを用意すれば効率的です。

そこでおすすめしたいのが、「シミに効くアミノ酸を含んだ製品」です。

シミをどうにかする為には、黒色メラニンの生成を抑制し、かつ紫外線から守りつつ、それでいてすでに生成された黒色メラニンが付着する前に体外へ排出する必要があります。

そこで必要な成分が、アミノ酸である「L-システイン」や「ヒアルロン酸」なのです。

これらを含んだ製品を使用すれば、黒色メラニンの生成を防ぐだけでは無く、すでにあるシミも対処できます。

まとめ

以上が日焼けについての解説と日焼け対策についてでした。
日焼けをしたい方はたとえ、色黒な方でもサンオイルの使用を忘れないで下さい。
真っ黒な肌をしていても紫外線は肌にダメージを与えていきます。
なので、色白や美白を心がけている方は勿論、日焼けをする方にも紫外線対策も必要なのです。

関連記事

紫外線・日光のイメージ

日焼け・紫外線対策の基礎知識