敏感肌の人が美しい肌を手に入れるために気を付けたい事

敏感肌のイメージ画像

敏感肌でお悩みの方はとても多いです。
一般的には約70%近い女性が「敏感肌」に該当すると言われており、何かしら顔に刺激を受けるとひりひりしたり、ニキビや吹き出物といった湿疹、肌荒れなどによるお肌のトラブルに悩まされています。

敏感肌の原因と、そしてその改善方法はどのようなものなのでしょうか。
今回は敏感肌についてのお話と、スキンケアについてなどを紹介していきます。

敏感肌の原因の一つである食生活

多くの方を悩ませる敏感肌。
その原因は様々ですが、最終的に改善するためには食生活の改善が必須となります。
肌が荒れる、肌がくすんでいく、シワが増える、これらのお肌の問題も含めて、そもそもこれらをスキンケアを行うだけで改善しようとするというのは大きな間違いなのです。

お肌はどんどん生まれ変わっていく

そもそも多くの女性が気にしている肌というのは、人間である自身の生身であり、有機物です。
無機物であれば時間の経過や汚れによってくすんだり、傷ついたりしたものを外部的な道具でケアするのは間違いではありません。
無機物は内部から改善することはできないのからです。

ですが、我々の体はそもそも、栄養を摂ることで作られていきます。
肌であろうとその例外ではありません。
他の部位がそうであるように、肌もタンパク質などで構成されています。

そして当然、人間の体は僅かな時間でも、どんどんと生まれ変わっていきます。

お肌を美しくするために大切な事

お肌がどんどん生まれ変わるわけですから、今ある肌を維持するだけでは十分ではありません。
美白を維持して、シワなどを生まないためには、どんどんと新しい肌へと作り変えていく必要があります。

そのために必要なものが食生活の改善であり、肌を生まれ変わらせるために必要な栄養素を摂りましょう。
若いうちは意識してお肌の栄養になるものを摂らなくてもお肌を美しいまま維持できますが、歳を重ねるごとに外部から摂取する必要が出てきます。

ビタミンなども大切です。
人体には多数のビタミンが必要であり、特にビタミンB群と呼ばれるものは肌そのものを作る役割があります。
過剰になってはだめですが欠乏は病気にも繋がります。

食生活を改善することで直接お肌の生まれ変わりを行い、若々しく保つだけではなく、さらに健康体でいることは体にストレスを与えないことにもつながります。
そうすれば、ストレスによって肌に悪影響を及ぼさないという形でも、美容への効果が現れます。

そのために、美容を心がけるならまず外からではなく内部から、正しい生活習慣で健康な身体を保つ事が、美肌を実現するうえで最も重要な下地なのです。

美容のためには睡眠や運動も重要

ただ、敏感肌の原因は食事だけではありません。
健康な生活が重要だと言いましたが、食事だけで健康にはなれません。
睡眠も必要です。

人間は寝ることで脳を休ませますが、基本的に成長するのも夜の間、特にリラックスした状態から就寝して3時間の間や、午後10時から午前2時までの時間帯には成長ホルモンが多量に分泌されていると言われています。

成長ホルモンは確かに老化と共に衰えていきますが、肌の新陳代謝を促進する役割があります。
ですので、肌の生まれ変わりも主に睡眠時に行われます。

老化によって衰えてしまう成長ホルモンですが、適切な運動を行うことで、血中の成長ホルモン濃度が増加すると言われていますので、習慣的に体を動かす事が大切です。

敏感肌を解消するためには肌を生まれ変わらせ、新しく瑞々しい肌を維持しなければなりません。
その為にも、しっかりと10時から2時までの時間を含めた6時間以上の睡眠が必要なのです。

正しい食生活と正しい睡眠、そこから自然と完成する正しい生活スタイルが美容の最も正しい近道です。

その他に考えられる敏感肌の原因

その他に考えられる敏感肌の原因としては、妊娠中や出産後でホルモンバランスが安定していない、生まれつきアレルギー体質、そしてお肌に合っていないスキンケアや過剰なスキンケアなどが挙げられます。
妊娠中や出産後は時間が解決してくれる問題ですが、生まれつきの体質であれば改善はできても完全に無くすということは難しいでしょう。
お肌に合わないスキンケアなど、間違ったスキンケアが原因で敏感肌になっている場合には、スキンケアを見直す事によって改善が期待できます。
そのためにも正しいスキンケア方法を学びましょう。

敏感肌のケアで気を付けたい事

敏感肌と言うくらいですので、外部からの刺激に弱いものです。
なので、過剰に時間をかけて、様々なスキンケアを施すのは、肌への刺激が多すぎて逆効果にもなりかねません。
過剰に時間をかけて、ぺたぺたと肌に必要以上に触れている分だけ無意識のうちにストレスを溜め込んでいき、せっかく手間暇かけて行ったケアが逆効果になってしまう事も考えられるのです。
敏感肌の場合は、肌に適した化粧品を使用することはもちろんですが、洗顔を含めて肌に触れる時間を短くして、肌への刺激を減らすという観点も必要かもしれません。

まとめ

美容を心がけるという事は素晴らしいですが、それを完全に化粧品だけに頼ってしまっては意味がありません。
化粧品というものは、あくまで美容をサポートするものであり、美肌を作り出すのは、自身の身体そのものであるということを忘れては行けません。

正しい食生活に正しい睡眠、そして適度な運動と適切なスキンケア、こういった事を日々心掛ける事が、健康的で若々しい、キレイな肌と身体の実現につながるのです。

関連記事

薬局・ドラッグストアのイメージ画像

化粧品と医薬部外品・薬局などの店頭で販売されている商品と販売されていない商品につ...

美容マッサージ

美白にはお肌のマッサージも欠かせない?美容マッサージについて

スキンケアのイメージ

時間がかかるスキンケアの手間を簡略化して健康的に美容を楽しもう

スキンケアのイメージ

毎日のケアの手間をお手軽に!ソフトケアの秘密とは?

化粧品のイメージ

手間と時間をかけるスキンケアについて